西山雄一@コンサルタント&投資家のblog

資産拡大コンサルタント&投資家・西山雄一のblogです。

間違いだらけの「選択と集中」

なぜだかとても忙しくなってきました。

「なんでこんなに?」

と、自分で不思議に思うくらいに忙しくなってきました。

現在、確定している出張だけで、海外2、国内6となっています。

コンサルタントというのは、仕事のやり方によっては、あまり出張をせずに済みます。

インターネット環境があり、zoomを使えば、地方のクライアントさんでも十分に対応できます。

実際今までは、講演以外の出張は、本当に少数でした。

  

しかし、ここにきて、怒涛の出張ラッシュ。

このままですと、スケジュールが破綻するのは間違いありませんので、早めに手を打つことにしました。

 

まず、以前からお知らせしているように、春夏秋冬理論の講座は、年3〜4回、アルマ・クリエイション主催のもの以外はお休みします。

現在募集中のベーシック講座が、当面最後の開催になります。

 

不動産実務検定認定講座についても、当面は本部主催のものだけに絞ろうと思っています。

現在募集中の講座が終わったら、しばらくはお休みさせていただきます。

ただ、こちらは本部主催が年1回しかありませんので、開催頻度が低すぎます。

今の状況でも継続開催できないか、検討を続けています。

いい方法が見つかったら、改めて告知しますね。

 

選択と集中」を逃げ道に使わない。

こんな感じになると、

選択と集中

という言葉が頭に浮かんできます。

「重要なものを選択して、そこにリソースを集中する」

ということで、正しい考え方だとは思うのですが、私から見ると間違って使っている人が多いように感じます。

f:id:yuichinishiyama:20190326181109j:plain

 筋トレで例えると、1年がかりで夏に向けて体を作っていこうとした場合、一旦は体を大きくして、冬の間は脂肪もついている状態。

そこから夏に向けて絞っていく、という方法が定番です。

私も夏を目指しているわけではありませんが(笑)、一昨年と昨年は筋トレしまくって、100キロ以上の体にしました。

昨年後半からは絞りはじめまして、すでに10キロ以上落としました。

この後、さらに5キロほど落とす予定ですが、いい感じに絞れてきています(^^)

 

ビジネスの「選択と集中」もこれと同じだと思うのです。

まずは複数の仕事に取り組んで、走りながら学んでいく。

その後、明らかに効率の悪いビジネスも出てくると思いますので、そちらを絞っていけばいいのです。

 

私は10年ほど前に数えた時、仕事が7つありました。

その後、効率の悪いものを絞り、5つまで減らしました。

それが、最近数えたら、9つに増えていました(汗)

これは、昨年の終わりにビジネスモデルを変更するにあたって、既存のビジネスを整理する前に、さっさと走りはじめたためです。

 

よく、

「今やっている仕事をきちんと整理してから、新しい仕事に取り組みます」

と言っている人を見ますが、その言葉通りにやる人というのは、20%程度です。

残りの80%の人は、整理していたはずが、目の前の仕事に追われるようになって結局そのまま、となります。

そして、

選択と集中を考えた結果、今の状態になった」

と言うのです。

本当にそうなのであれば、まったく問題はありません。

しかし、言い訳で使っている人の方が多いように感じます。

 

大きくしてから絞る!

「新しいことを初めてみたい」

「人生を変えたい」

このように考えた他のであれば、まずは走りはじめましょう。

選択と集中」はその後です。

筋トレと同じで、

「まずは大きくして、そのあとに絞る」

ということを考えてみてください。