西山雄一@コンサルタント&投資家のblog

資産拡大コンサルタント&投資家・西山雄一のblogです。

優先順位を判断する「センス」を磨こう

成功した起業家の共通項は?

副業で初めて15年、多くの起業家を見てきました。

大きく成長し、俗に言う成功者になって人もいますし、消えていってしまった人もいます。

成功した人に共通するのは、

  • 判断を下すのが早い
  • 優先順をつけるのが上手い
  • 行動が早い

ことです。

 

起業家はとりあえず撃つ!

あるビジネスアイデアを思いついたとします。

思いついて、軽く検証し、なんとかいけそうであれば、あとは予算をかけずに実行し、実践で検証を繰り返すだけです。

スモールビジネスでの巣ごとの取り組み方は、

「きちんと狙いを定めてから撃つ」

のではなく、

「構えたらとりあえず撃つ」

「狙いからどれくらい離れているかを確認して、修正してまた撃つ」

「それを繰り返す」

と言うのが正解。

(もちろん、繰り返し修正できるように、小予算で取り組むのが大前提です) 

f:id:yuichinishiyama:20190326181314p:plain

ところが先に取り組んでいたビジネスがあると、そちらを優先する人がいるのです。

そのビジネスが儲かっているのならそれでもいいのですが、イマイチの状態で、日々の業務が利益を産むものでなくなっている状態でも

「すでに初めているものだから」

「お客さんがいるから」

といって、そちらを優先するんですね。

 

優先順位の設定はビジネスの成否に直結する

確かに既存客は大切です。

適当に対応していいものではありません。

しかし、既存客対応をきちんとしておけば、その他は後回しでもいいと思うんですよ。

だって儲かっていないのですから。

 

儲かっていないビジネスは優先順位を下げて、アイデアの検証を優先させた方が、将来儲かる可能性は大きのです。

ならばそうするべきです。

そして、優先順位を決めたら、あとは実行あるのみです。